「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

なぜ朝カレーは体によくて、夜ラーメンはダメなのか?

「朝カレー」と「夜ラーメン」、健康的に優れているのはどちらでしょうか?早稲田大学先進理工学研究科には『時間栄養学』という研究分野があります。それによれば、朝カレーのほうが健康的には優れているようです。ただ、夜ラーメンにも健康を害さない食べ方があるといいます。

 

時間栄養学の話に入る前に、身近な食べ物を例にして、摂る時間と体の反応について簡単に解説してみたいと思います。そこに体内時計という、体の機能が関係しているのです。体内時計とは24時間より少し長い周期を持つ、時間を司るしくみのことです。

 

身近な食べ物としてあげたいのは、まずはカレーです。カレーは、子供から大人まで、大好きな食事メニューです。子供の頃、余分に作られ一晩寝かされたカレーを朝食べたときには、何ともいえないくらいおいしかったと記憶する人もいるでしょう😃また、かなり前の話ですが、人気スポーツ選手が朝カレーを食べていると話題になり、「朝カレー」という言葉を一時よく耳にした人もいると思います🎵

 

一方、「深夜のラーメン」もなかなか魅力的な響きだと思います😆残業、あるいは、お酒の後の締めのラーメンにはそそられるものがありますよね。

 

この2つのメニューに共通していることは、いずれも朝や夜という時刻を述べていることにあります。

 

これが時間栄養学につながることであり、ここではその視点で、朝カレーと夜ラーメン、どちらが健康的に優れているか、そしてその根拠を述べてみます。

 

カレーは一般的にご飯にカレールーをかけたものですから、そのご飯について、まず朝食で摂ると体にどう作用するかという点について考えてみます。

 

ご飯のデンプン質が消化されるとブドウ糖(グルコース)に分解されます。このブドウ糖が血糖値にかかわるインスリンの分泌を引き起こします。もともと24時間より長い体内時計の周期は、油断していると夜の方に引きずられがちです。しかし、朝ごはんにインスリンの分泌を促しやすいものを食べると、体内時計に「朝ですよ」と教えることに大いに役立ちます。

 

香辛料はどうでしょうか?唐辛子成分のキャプサイシンは、体内時計の時計遺伝子の発現に影響を及ぼすことが知られています。黄色成分のウコンなど、体内時計との関係がよくわかっていないものも多いのですが、キャプサイシンが豊富な辛いカレーを食べると汗をかくことからわかるように、香辛料は交感神経を興奮させます。

 

ちなみに交感神経とは、副交感神経と共に、全身の臓器や血管などをコントロールする自律神経です。交感神経は、活動時や緊張状態で活発になり、副交感神経は、夜やリラックスしているときに優位になります。

 

朝カレーでは、副交感神経が主に働いていた夜から朝にかけて交感神経が働くように変わっていく時間帯となるので、香辛料で交感神経が活発になることは、血圧を上げ、脳を活性化させ、体温を上げるなど、活動開始の準備状態を導くのに大いに役立つのです。

 

また、食事で体が温まる「食事誘発性熱産生」というしくみがあり、体温が上昇します。この熱産生は、同じ食事を夕方に摂ったときより朝に摂った方が大きく出現します。

 

つまり朝食では体温を上げるためにカロリー消費が起こり、抗肥満効果が期待できるのです。また、食事内容によって食事誘発性熱産生の量が違うことがわかっていて、研究結果から、熱産生はタンパク質を摂ったときが大きく、次に炭水化物で、脂質の関与は小さいと考えられています。

 

以上のことから、朝カレーは朝食としてまったく問題なくおすすめの食事といえるのです。さらに、朝は体温を上げるためにも、タンパク質の摂取を推奨したいので、肉カレーや豆カレーなどにするとより良いかもしれませんよ👍

 

一方、夜遅めに食べるラーメンはどうでしょうか?

カレーのところで、朝食を摂るとデンプン質が分解しブドウ糖となり、ブドウ糖がインスリンの分泌を促進させることを述べました。インスリンによって24時間より長い周期の体内時計は30分程度前進し、24時間周期に合うようになるのです。

 

では、夜という時間帯の食事は体内時計を前進させるか、変化させないか、あるいは遅らせるか、さぁ、どれでしょうか?

 

正解は体内時計を遅らせてしまうのです😱

 

そのため体内時計の夜型化を引き起こしてしまいます。すなわち、夜食を摂る行為が体内時計の夜型化を引き起こしてしまい、体内時計が夜型になっていると夜食を食べたい誘惑を起こす・・・というように、夜型化の連鎖を引き起こす可能性があるのです😢

 

次にラーメンそのものについて考えてみます。あるカップラーメンの栄養表示を見ると、一食(100g)当たり、カロリー(445kcal)、炭水化物(63g)、脂質(17g)、タンパク質(10g)で、塩分は(5.6g)と、タンパク質以外の栄養素はすべてたっぷり入っていました。

 

要するに、タンパク質以外は一食分に相当するので、これを夜食として食べると1日4食となってしまいます。

 

まずカロリーについて考えると、入眠前のあまりエネルギーを必要としない時間帯にこれだけの食事を摂ると脂肪としての貯蓄に回るだけになってしまいます。すなわち肥満の原因になってしまいます。

 

また、高血糖の状態が睡眠時まで持続するので睡眠の妨げになります。この持続的な高血糖は血管に負荷をかけたり脂肪合成に結びついたりしてしまいます。塩分も一食当たりでは相当多く、腎臓の働きが落ちてくる夜間に高塩分を摂ると、より腎臓に負荷がかかってしまうのです。

 

夜食のラーメンは、健康に良くないのは自明の理となりますが、どうしても食べたくなったときに、何か良い方法はあるでしょうか?

 

まず、提案したいのは、ラ-メン全量を少なめにして、チャーシューは豚バラ肉ではなく脂肪分が少ない豚モモ肉にしてみましょう。また遅い時間が魅力的なのはわかりますが、やはりできるだけ早い時間帯に食べるべきでしょう。スープは、飲み干してしまうと脂肪分と塩分の摂りすぎとなるので、必ず残すことを心がけましょう。

 

最近は、こんにゃくや、おから麺などが登場してきていて、夜食としてのラーメンは、そういった低カロリーラーメンの積極的利用をおすすめします👍

 

でもなぁ~😢そんなこと言わないの!😅


紀文 糖質0g麺(冷蔵タイプ) 18パック【特別企画商品】

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営しているmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 どうぞよろしくお願いします👍