「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




書籍

この特別な時代を歴史に残す小説としての読む価値・・・

パンデミック禍の2年弱は、孤独が極まった長い年月でした・・・

 

最初はアジアのみで流行している謎の感染症と思われていた新型コロナウイルス感染症が世界中に広まったのが2020年の2月。翌3月にはアメリカの多くの地域で感染者が増加し、ロックダウン(あるいは自宅待機)の勧告が出るようになりました。

 

2021年にはワクチン接種ができるようになり、制限はあるものの友人との外食やコンサート参加が可能になってきています。その2021年11月現在に2020年3月頃を振り返れば、それはまるで遠い過去のような気がします・・・海外旅行や外食、コンサートや映画鑑賞で多くの人と接触していた日常を失ってしまったた2年弱は、孤独が極まった長い年月だったといえます😢。

 

まだパンデミックが収まっていないときにパンデミック小説、しかもリアルな新型コロナのパンデミック小説を読みたい読者はあまりいないかもしれません・・・😵。

 

どちらかというと、現状を忘れさせてくれる本を読みたくなるものです。しかし、今だからこそ理解できる感覚というのも存在します。どちらにせよ、いずれはこの時代の人間の心理や言動を分析した本が出てくるのかもしれません・・・。そんな中、ゲイリー・シュテインガートの『 Our Country Friends』は、新型コロナのパンデミックを題材にした(少なくともメジャーな作品としては)初めての文芸小説です。

 

新型コロナ流行の初期に、ロシア生まれのユダヤ系アメリカ人作家サシャはニューヨーク市の北にあるハドソンバレーの別荘地に友人たちを招きます。文筆家の友人を集めて一緒に隔離するというアイディアで、招待されたのはサシャの高校時代の友人でコリア系女性のカレンとインド系のビノド、サシャが大学で文芸を教えていたときの教え子のディー、グローバルな生活を営むコリア系男性のエド、そしてハンサムで有名な「俳優」でした。

 

母屋に住むのはどちらも子どもの頃にロシアからアメリカに移住したサシャと妻のマシャ、そして夫婦が中国から養子としてひきとった8歳の娘ナットです。マシャは精神科医ですが文筆家としてのサシャの収入は途絶えていて修理費の支払いにも困るようになっています。サシャは「俳優」が作品のテレビドラマ化を手がけていることに望みをかけていましたが企画は難航していました。ゲストたちは、それぞれ小さなバンガローに泊まり、メインの家に集まって一緒に夕食をとるという決まりです。

 

仲間の中で最も経済的に成功しているのは恋愛アプリを開発したカレンでした。裕福でグローバルな子ども時代を送ったエドは洗練された文化背景を持っています。貧しい子ども時代を送ったことを書いて有名になったディーはグループの中では最も若くて外見も魅力的な女性です。

 

エドはディーに惹かれていますが、そこにナルシシストの「俳優」が現れてディーと恋に落ちてしまいます。大学教授への道を失い、がんで肺の一部を失ったビノドは負い目を感じていますが、実はサシャが今まで彼に隠してきた秘密があるのです。マシャは世界で一番愛する娘のナットに母国の言語であるロシア語を教えたいのですが、ナットはK-popに夢中でカレンから韓国語を学びたがります。

 

この『Our Country Friends』がまず思い出させてくれるもの・・・それは、パンデミック初期の「得体がしれないものへの不安」と「根拠のない楽観性」が混じった感覚です。

 

特に、サシャが集めたコロニーには「遠く離れていれば現実感が薄れる」という人間の心理があります。医師のトレーニングを受けたマシャは過剰なほどに神経質に描かれていますが、多くの人はマシャそのものだったといえます。

 

当時はどの経路で感染するのかはっきりしていなかったので、スーパーから買ってきた食品の表面をすぐに消毒し、別の家で暮らしている者はたとえ家族でも家の中には入れない・・・。

 

そもそも、他の登場人物はマシャを笑えるほどの情報を持っていなかったのです。彼らの根拠なき楽観性が後で致命的な結果をもたらすことになります。おそらくそれも作者の目論見どおりなのでしょう。

 

次に考えさせられるのが、「閉じた世界」での人間心理です。同じ集団とだけ毎日顔をあわせているので、恋にもおちやすく、嫉妬心も強まるということがあります。また、リアルの世界での人との接触が減るので、ネットでの関係が以前よりも濃厚に感じるようになります。

 

例えば、この小説の登場人物たちは日本のテレビ番組の『テラスハウス』に夢中になっていて感情移入し、ブラック・ライブズ・マター(BLM)運動が全米に広まるきっかけになったジョージ・フロイド殺害にショックを受けます。

 

「俳優」との恋愛がソーシャルメディアで広まったディーに関してもそうです。彼女の過去の発言が掘り起こされて人種差別主義者だと叩かれるようになったのもパンデミック時代の大衆心理を反映しているのです。

 

その反動もあってか、ディーは自分以外のグループ・メンバーは移民と人種マイノリティーですが自分より経済的な強者だというニュアンスの発言をしてその場の雰囲気を悪くします。

 

ここに集まった者の半数はアジア系で、トランプ支持者が多いこの町では攻撃される恐れが出ていました(本書では固有名詞を使って説明されていないが、当時はトランプ大統領が新型コロナウイルスを「武漢ウイルス」と呼び、アジア系への暴力が増えていました)。ここにいるアジア系はある意味恵まれた人々ですが、別の面では差別の被害者になるマイノリティーなのです。アメリカの階級闘争はとても複雑なのです。

 

「ユダヤ系の外国人」ということで自分も差別の対象になるサシャは、外の世界で数多くの人が感染して死亡しているのに自分たちが安全な場所で美味しい食事をしていることに罪悪感を覚えます。これも「特権」です。

 

「特権階級」の定義は見る角度によって変わります。ときには肌の色、ときには経済力、現時点で経済力がなくても育った環境や教育によるコネクションによって特権を得ることができるのです。それと同時に、高等教育を受けて経済力がある特権階級でも、宗教や人種マイノリティーだというだけで差別され、生命の危険にさらされたりすることもあるのです😢。

 

作者のゲイリー・シュテインガートはロシア生まれのユダヤ系アメリカ人で、コロンビア大学で文章創作を教えています。妻はコリア系アメリカ人の弁護士です。

 

2010年にベストセラーになった近未来風刺小説『Super Sad True Love Story』では、主人公はロシア生まれのユダヤ系アメリカ人で彼が恋する相手はコリア系でした。今回もロシア生まれのユダヤ系アメリカ人作家が主人公で、コリア系の女性が出てきます。自分の人生で観察したことを描くほうが現実味があるのは確かですが、それ以上に自分の中にある滑稽な要素を笑うのが彼の作風といえます。

 

風刺小説なので「笑い」はあり、視点が流動的に移り変わる文章は、数々の感情ドラマにスムーズに招きこんでくれます。しかし、決して明るい気持ちになれる小説ではありません。

 

気分を変えたい人にはお薦めできませんが、この特別な時代を歴史に残す小説として読む価値はあると思うのです・・・。

Our Country Friends A Novel【電子書籍】[ Gary Shteyngart ]

価格:1,824円
(2021/11/24 23:08時点)
感想(0件)

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍