「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

いま「iPhone」を購入するなら、どれを選ぶべきか・・・

どのiPhoneを買おうかと、きっとあなたは悩んでいるはずです・・・今こうしている時も!なにしろアップルは「iPhone 13 Pro Max」から「iPhone SE」の第2世代モデルまで、これまで以上に幅広い選択肢を用意しているからです。

 

着実に進化した「iPhone 13」は、買い換えを考えるユーザーにとっての“優れた答え”となったはずです👍

 

今回は、アップルによる宣伝と現実とを切り離す手伝いをしたいと思います😅。ここに最新モデルの実機レヴューを踏まえてiPhoneの購入ガイドをアップデートし、“あなたにとっての最高の1台”と、それぞれの長所と短所について解説してみます。

 

iPhoneの旧モデルから買い換えるなら、アップルに下取りしてもらうと少しではあるがお得になります。その前に、ほかの店舗や業者などが高く買い取ってくれないかチェックしてみてください。iPhoneは特に新品同様だったり傷のない良好な状態を保っていたりすれば、驚くほどの価値が残っているからです👍。

 

最もお買い得:「iPhone SE」(第2世代モデル)

第2世代のiPhone SE(日本では49,800円から)には、アップルの独自プロセッサーである「A13」が搭載されていて、数万円も高い2019年の「iPhone 11」や「iPhone 11 Pro」と同じパフォーマンスを得ることができます。

 

このためどんなアプリやゲームでも、まったく問題なく動作させることができるのです。iPhoneの旧モデルを愛用しているなら、いま買えるiPhoneで唯一、古くからのデザインを踏襲しているのがiPhone SEです。厚いベゼル(画面の枠)とホームボタン、ロック解除用の指紋認証システム「Touch ID」を備えている現時点で唯一のモデルとなります。残念ながらヘッドフォンジャックはありません。

 

とはいえ撮影した写真の品質では、「iPhone 12」や「iPhone 12 Pro」には及びません。ナイトモードがないので夜間の撮影も通常モードになります。

 

また、過去のレヴューにもあるようにバッテリーの持続時間は短く、平均的な使用で1日もつかどうかです。iPhoneを買いに出かけて最新モデルの価格に尻込みした人には、このiPhone SEをぜひ、おすすめします。

 

なかでもポケットに入らない大画面スマートフォンを嫌う人に向きます(いまでは最小モデルの座はiPhone 13 miniに譲ってはいます)。もちろん低価格モデルならAndroidスマートフォンという選択肢もあります。

 

最強の標準モデル:「iPhone 13」

 

「iPhone 13」は、ほとんどの人にとって最高のiPhoneとなります。というのも、以前は「iPhone 12 Pro」以上にしか搭載されなかった機能が導入されたからです。

 

例えば、センサーシフト式の手ぶれ補正機構がメインカメラに搭載され、最低64GBだったストレージ容量が128GBからになっています。それに、有機ELディスプレイの6.1インチというサイズもちょうどいい感じです。

 

新たに追加された機能で最も優れているのは「シネマティックモード」でしょう。これはポートレートモードとヴィデオを融合させたもので、被写体を背景をぼかしてくれます。ただ、やや扱いが難しいところはあります。

 

また、全体的にカメラの性能が向上しました。広角と超広角のカメラは従来より多くの光を取り込めるようになり、暗所での撮影性能が向上しました。このため、夜景をよりシャープで明るく撮影することができます。

 

バッテリーのもちもよくなっていて、頻繁に使っていても1日以上は余裕でもちます。独自チップの「A15 Bionicチップ」は、なかなかいい仕事をしています👍。

 

ただ、弱点を挙げるとすれば、本体の色の選択肢がいまいちなところでしょうか。とはいっても、防水・防塵のレベルはIP68で、5G通信に対応していて、マグネットを用いた「MagSafe」を用いた周辺機器も利用できます。

 

小型の端末がお好きなら:「iPhone 13 mini」

 

巨大なスマートフォンのことが嫌いなら、このiPhone最小のモデルはどうでしょう。ベゼルが薄く、指紋認証「Touch ID」の代わりに顔認証「Face ID」を採用した最新のiPhoneのデザインであることから、物理的なサイズは第2世代のiPhone SEより小さいにもかかわらず、有機ELディスプレイのサイズは5.4インチと大きくなっています。

 

バッテリーのもちを除けば、性能はiPhone 13と同等です。朝から晩までバッテリーはもちますが、場合によってはモバイルバッテリーや充電アダプターが必要になるかもしれません。

 

最強モデルを選ぶなら:「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」

 

「iPhone 13 Pro」や「iPhone 13 Pro Max」に約11万円以上を払うのは、正当な理由があります。本体の素材としてiPhone 13のようなアルミニウムではなく、ステンレスとガラスを組み合わせたことで耐久性が優れて高いのです。

 

iPhone 13 Pro Maxには6.7インチという大型の有機ELディスプレイが搭載されているので、可能な限り大きな画面を必要とする人(iPad miniではなく)には必需品となるに違いありません。ディスプレイのサイズが6.1インチのiPhone 13 Proの性能や機能はMaxと同等なので、小さいほうを選んでも間違いはないのです。

 

また、ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzになり、画面の表示やスクロールがよりスムーズに感じられるようになりました。ディスプレイの明るさが向上していて、長もちするようになったバッテリーは1日以上でも快適に使えます。性能がiPhone 13のような標準モデルより高いのは初めてのことで、チップのグラフィック処理用コアが多いのです。このため負荷の高いゲームなどの動作がわずかに改善されました。

 

メインのトリプルカメラには光学3倍ズームカメラが含まれていて、ナイトモードはすべてのカメラで機能します。3つのセンサーはより多くの光を取り込めるようになり、暗い場所でもよりシャープで明るい写真を撮影できるようになったのです。超広角カメラはマクロカメラとしても機能するので、愛犬の鼻先にiPhoneを押し当てるようにしてクローズアップすることもできるのです。

 

「ProRes」でのヴィデオ撮影にも対応します。これは撮影した動画をより自由に編集できるフォーマットですが、4K画質での撮影にはストレージ容量が256GB以上のモデルが必要になります。128GBモデルでは画質が1,080pに限定されるからです。ただし、少しでもコストを抑えたいなら、標準モデルのiPhone 13でも性能に遜色ないことは頭に入れておいてください👍。

 

いまも十分に魅力的:「iPhone 11」

 

最新で最高のiPhoneは必要ないが、中古では買いたくない・・・。そんな人のために、アップルは「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 11」という3つの選択肢を残しています。

 

もし小型サイズのminiに注目しているなら、ストレージ容量が2倍になり、カメラがより美しくなり、バッテリーのもちも少しよくなります。iPhone 12 miniのバッテリーのもちは本当に心もとなかったので、特に最後のポイントは重要です。

 

ストレージ容量が64GBのiPhone 12も、価格が86,800円では選択肢に入りづらいかもしれません。どうしても「MagSafe」を利用したいという理由でなければ、コストパフォーマンスを考慮すると妥当なチョイスは「iPhone 11」(61,800円から)になるでしょう。

 

iPhone 11の「A13 Bionic」チップは十分にパワフルで、メインカメラはナイトモードに対応していて、しかも超広角カメラもあるので汎用性も確保されています。確かにディスプレイは有機ELではなく液晶で、エッジが立っていない丸みを帯びた旧デザインで、5Gに対応していません。それでもIP68の防水性能とワイヤレス充電機能を備えており、バッテリーは約1日もちます。

 

もし安く買えるなら:「iPhone 12 Pro」シリーズ

 

アップルは公式には「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」を販売終了としましたが、これらを選んでも問題ありません。高速なプロセッサーを搭載しているうえ、3つのメインカメラには超広角と望遠のカメラも含まれます。ステンレス製のボディに表示性能が優れた有機ELディスプレイ、長もちするバッテリー、防水機能、ワイヤレス充電など、求められる要素のすべてが揃っているからです。

 

ただし、iPhone 13の価格が日本では98,800円からなので、iPhone 12 Proシリーズにそれ以上を払うことがないようにしたいところです。実際のところ、すでに多くの販売店からは姿を消しているようです。それでもネット通販や再販品を扱うようなサイトでは、新品または新品同様の製品を手に入れられるかもしれません。

 

避けるべきiPhone:iPhone 1~8、iPhone X、iPhone SE(第1世代)

 

「iPhone X」や「iPhone 8」「iPhone 7」「iPhone 6s」、そして第1世代の「iPhone SE」といった古いモデルは、どこかで入手できる可能性があったとしても手を伸ばしてはいけません。これらの旧モデルは最新のソフトウェアを処理する能力がなく、あったとしても近いうちにOSをアップデートできなくなります。このうち「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」なら検討には値しますが、それでも約61,000円未満で購入できる場合に限ります。

 

実際に「iPhone 6」では、すでに「iOS 14」にアップデートできなくなりました。iPhone 6sは「iOS 15」に対応しましたが、それでも古すぎます。こうしたアップデートに対応しないとセキュリティ面での安全性が徐々に低下し、動きも遅くなり、やがて使えなくなってしまいます。

 

また、これらの旧モデルに搭載されたカメラもそこまで最新ではありません。タダ同然で手に入るという理由でもなければ、価格が手ごろなiPhone SE(第2世代)のような今回リストアップした機種をぜひ、おすすめします🙆。

 

それでは、最後にいまは「買いどき」なのでしょうか?

 

もちろん、今が買いどきです👍。アップルはiPhone 13シリーズを発表したばかりなので、2022年9月までは新しいiPhoneが発表されることはありません。ただし、22年上半期に新しいiPhone SEの発表というサプライズがない限りの話です。

 

そこまで本気でiPhoneの買い換えを考えているわけではないなら、まずはバッテリーの交換を検討してみてください。最大の問題がバッテリーのもちなら、バッテリーを交換するだけで最新モデルに買い換えた気分になれます。

 

ちなみに旧モデル(iPhone 8以前とiPhone SE)のバッテリー交換は5,940円で、iPhone X以降なら8,140円です。

 

また、MagSafe対応のケース選びは慎重にしてください。なぜなら、最新のiPhoneの本体は両面がガラスになっていて、セラミックで強化されているとはいえガラスは壊れやすいからです。そこでケースが必要になります。通信キャリアもアップルもこの事実を踏まえて、iPhoneユーザーに約6,500~7,600円もするケースや高価なアクセサリーを売りつけようとします。価格を気にしないなら、どれを選んでもいいでしょう。

 

磁石を使ったMagSafeによるワイヤレス充電は、最新モデルであるiPhone 12シリーズ以降でしか使えません。「MagSafe充電器」のようなアップル純正の周辺機器も用意されていて、iPhoneの背面に磁石でくっつけて急速充電できます。このほか、クレジットカードなどを収納できる「MagSafe対応iPhoneレザーウォレット」も用意されています。

 

サードパーティ製のアクセサリーも数多く発売されました。もしケースを購入する場合は、MagSafeの強力な磁力やワイヤレス充電に対応した製品を選ぶようにしてください👍。

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍