「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

「NHK ニュース・防災アプリ」の使い方

「NHK ニュース・防災アプリ」とは、その名の通り、NHKのニュース記事や動画コンテンツに加えて、防災のためのさまざまな情報を提供しているアプリです。災害関連の最新の動向を把握できるツールとなっていて、豪雨や台風などの自然災害が頻発している昨今では、スマートフォンにインストールしておきたい定番アプリの1つといえます。

 

災害情報としては、津波や地震、台風、警報・注意報などの情報をカバーしていて、これらの各種情報を地図上に表示して確認できることも特徴です。今回はこの地図機能を中心に「NHK ニュース・防災アプリ」の使い方を解説してみたいと思います。

 

・まずは「雨雲データマップ」を表示してみましょう。

「NHK ニュース・防災アプリ」を開くと、画面の最下部に「ニュース」「天気予報」「マップ」「災害情報」「ライブ」の5つのメニューが表示されます。この中の「マップ」をタップすると、全国の雨雲の状況を可視化した「雨雲データマップ」が表示されます。

 

◎雨雲データマップ

雨雲データマップは、気象庁が発表した「高解像度ナウキャスト」(1時間前~1時間後)および「降水短時間予報(1~6時間後)のデータをマップ上に可視化したもので、降雨量に応じて色分け表示されるのでとても分かりやすいです。

 

マップの拡大・縮小は右下の「+」「-」ボタンまたはピンチアウト/ピンチインで行えます。また、画面下のスライドバーを動かすことによって、1時間前~現在までの雨雲の状態を振り返ることができるほかに、現在から6時間後までの雨雲の配置の予想も把握できます。

 

・「ハザードマップ」や「土砂災害 危険度マップ」を表示してみましょう。

雨雲データマップだけでなく、ほかの災害情報にも切り替えられます。

 

左下にある「表示切替」をタップすると、データマップとして「台風情報」「メッシュ天気(予報)」「気象情報・注意報 土砂災害警戒情報」「土砂災害 危険度マップ」「竜巻注意情報」「河川情報 大河川」「河川情報 中小」「地震情報」「津波情報」、ハザードマップとして「洪水」と「土砂災害」など、さまざまなメニューが並びます。

 

・河川の「ライブカメラ」画像や「水位情報」を表示してみましょう。

「河川情報」を選んでから地図上の川をタップすると、該当の川のラインが太く強調表示され、ライブカメラを示すカメラのアイコンや、水位情報を示す三角のアイコンが表示されます。それぞれをタップすると、水位情報やライブカメラ画像を見ることができます。

 

・「プッシュ通知」機能を設定してみましょう。

このほか、メイン画面の右上にある設定ボタン(歯車のアイコン)をタップすると、設定画面で「地域」を登録できます。天気・災害に関する地域の設定は3つまで登録可能で、ここで地域を登録することにより、該当地域の災害情報をプッシュ通知で受けとることができます。

 

天気や災害に関するプッシュ通知は、気象警報に加えて、土砂災害警戒情報、記録的短時間大雨情報、河川情報、避難情報、熱中症情報のほか、津波情報や地震情報も受けとれます。地震情報は「震度3以上」「震度4以上」「震度5弱以上」「通知しない」の4つから選択することができます。

 

・「現在位置」の災害情報をまとめて確認しましょう。

また、トップ画面の下部にある「災害情報」のコーナーでは、上部メニューの「現在位置」をタップすると、現在地の気象警報や注意報、避難情報などが一覧表示できます。さらに、上部メニューの「津波」「地震」「台風」「警報・注意報」「土砂災害」「竜巻」「大雨」のメニューから選ぶことで、それぞれの詳細情報が表示され、右上の「マップで見る」をタップすると、マップ画面に遷移します。

 

トップページの下部メニューで情報を簡単に切り替えられるこのアプリは、操作方法が分かりやすく非常に使いやすくできています(ただし「マップ」画面だけは他のメニューに切り替える際に左上の「×」をタップする必要があります)。あらかじめインストールしておいて決して損はないアプリといえます。

 

みなさんもぜひ、安全安心を👍

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍