「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

「実際は緑色なのに、なぜ“青信号”」と呼ばれているのか?

みなさんは、信号機の青信号は、何色に見えますか?青色?緑色?実際は青色ではなく緑色なのです👍なのに、どうして青信号というのでしょうか?

 

1930年に日本で初めて信号機が設置されたときの法令では『緑信号』と書かれてありました。しかし、信号機の設置を紹介した当時の新聞記事などが『青』と報道し、青信号という呼び方が広まったのです。青と緑は、明確には使い分けられず、混同されてしまうことがよくあるのです。

 

たしかに、緑色の野菜ジュースを「青汁」、新緑を指して「青々とした緑」と言うなど、日常的に緑色のものを青ということも多いです。

 

日本最古の和歌集である『万葉集』などを調べてみると、日本語の古い色の名前は「赤」、「青」、「黒」、「白」の4つだったと考えられます。言語が成熟していく過程で色を表す言葉が細分化されていき、青色と緑色が呼び分けられるようになったのですが、今でも古来の呼び方の名残が残っているらしいのです。

 

ただ、色の名前は混同していても、青と緑の色の違い自体は赤ん坊のころからちゃんとわかっているといいます。

 

乳幼児の脳活動を計測した研究では、言葉を覚える前から人間は青と緑を区別していることがわかっているのです。おそらく昔の日本人は、色の違いは認識していても、名前としては区別していなかったのかもしれません。色の呼び方は、『青信号』のように、実際の色というよりも、多くの人がどう呼ぶかで決まるところがあるのです👍

 

話は変わりますが、かにの缶詰を開けると、かにの身が白っぽい紙で包まれていますがどうしてでしょうか?

 

それは、かに缶の中の白い紙は、かにの身と缶が接触しないようにするためなのです。かにの身は硫黄分を多く含むので、直接触れると缶の鉄分と反応して、ごまのような黒い点ができてしまいます。衛生上は問題ありませんが、白い身に黒い斑点が付着していると見た目が悪くなってしまいます。缶の内側は合成樹脂などで塗装されていますが、そういった反応を確実に防ぐため、さらに紙で包んでいるわけです👍

 

現在では、鉄ではなくアルミでできた缶詰もあり、また缶内部の塗装技術も向上したため、実は白い紙がなくても問題ないといいます。ただ、中身が白い紙で包まれているほうがなぜか高級感があるため、わざと昔のまま残しているのです。

 

また、紙があると中身を紙ごとまとめて取り出すことができ、かにの身が崩れないという利点もあります。

 

ちなみに、缶詰の賞味期間は製造後約3年間ですが、なぜ缶詰は長期保存が可能なのでしょうか?

 

缶詰は具材と調味料などを入れて密封し、加圧加熱殺菌します。この過程で缶の中の微生物は死滅するため、保存料や殺菌料を使わずとも、腐敗や食中毒を起こすことがありません。また、空気を抜いた真空状態で加熱をするので、食材のうまみや栄養も失われにくい。缶詰は、見た目以上に“優れもの”なのです😊

 

なるほど!なるほど!青信号と缶詰、関係はないけど、なるほど!😊

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍