「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




歴史

「ノルマンディー上陸作戦」で連合軍兵士の死亡数を激減させた「奇跡の薬」

20世紀初頭、戦地で多くの兵士たちは傷の感染症で命を落としていました。傷の感染は、皮膚の表面にいるブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌から起こります。エールリヒが「魔法の弾丸」を生み出してもなお、これらの一般的な細菌を殺せる「弾丸」は、当時全くなかったのです。傷から細菌が侵入し、それが全身を巡って重篤な感染症を引き起こしても、人類になす術はありませんでした・・・

 

しかしその後、全くの偶然が医学の歴史を変えることになったのです。

 

1920年代、ロンドンの聖メアリー病院で研究職にあったアレクサンダー・フレミングは、人間に病気を引き起こすブドウ球菌の研究をしていました。

 

1928年9月3日、休暇から戻ったフレミングは、細菌を培養していた培地の一つにカビが生えていることに気がつきます。不思議なことに、そのカビの周囲にだけ細菌が育っていませんでした。このカビはアオカビの一種であり、これが産生する何らかの物質が細菌の増殖を妨げているようでした。

 

フレミングはカビから出ている黄色い液体を、アオカビの学名Penicillium(ペニシリウム)から「ペニシリン」と名づけました。しかし、ペニシリンを純化することはとても難しく、安定的に手に入れることはできなかったのです。薬として使うのはまだ難しいと考えたフレミングは、これを論文として報告しただけで、他の研究を続けました。

 

まさかこれが歴史を変える大発見であるとは、フレミング自身も気づいていませんでした。

 

それから数年後、オックスフォード大学のハワード・フローリーとアーネスト・ボリス・チェインは、細菌を殺す薬を探索している最中にフレミングの論文を見つけ、そこに治療薬としての可能性を見出したのです。確かにペニシリンの精製は難しかったのですが、その効力は極めて強かったのです。

 

1940年、連鎖球菌を感染させたマウスを使った実験では、何もしなければ一晩で死ぬマウスがペニシリンの投与によって生きながらえました。

 

1941年には人間にペニシリンを投与する初めての試験が行われ、その効果が立証されたのです。問題は、当時の技術ではペニシリンの大量生産はとても不可能だったことです。たった2グラムのペニシリンを精製するために、アオカビがつくる液体が1トンも必要だったからです。

 

しかしこの状況を大きく前進させたのが、あの第二次世界大戦でした。日本、ドイツ、イタリアなどの枢軸国と、イギリス、アメリカ、ソビエト連邦などを含む連合国との間で起こったこの大戦では、多くの兵士たちが傷の感染で命を落としました。戦場で兵士たちが手足の切断を余儀なくされる中、感染症の治療薬を国家が渇望していたのです。

 

フローリーはアメリカに行き、政府機関が中心となって研究チームが組織されました。連合国軍の兵士を救うため、数々の製薬会社が開発競争に乗り出したのです。

 

アオカビの生産と、ペニシリンの抽出法は次々に改良されました。戦場でのペニシリンの爆発的な需要に背中を押される形で、ペニシリンの大量生産が可能になったのです。

 

1944年6月6日、膨大な数の連合国軍兵士がノルマンディー海岸に上陸し、ドイツ軍に攻撃を開始しました。ノルマンディー上陸作戦と呼ばれる、史上最大規模の作戦です。この日、連合国軍には強力な武器が供給されていました。それは兵士全員分のペニシリンでした。

 

このとき、戦場に持ち込まれたペニシリンの9割は、アメリカの製薬会社ファイザーの製品でした。競合他社に先んじて、安定的な生産工程を完成させていたからです。結果としてペニシリンは、連合国軍兵士の感染症による死亡を激減させたのです。

 

1945年、フレミング、フローリー、チェインの三人はノーベル医学生理学賞を受賞しました。ペニシリンは感染症の治療薬として、今日に至るまで大量に使われることとなったのです。

 

実は、ユダヤ人だったチェインは、母親と女きょうだいをドイツの強制収容所で失っています。チェインの研究成果はナチスの打倒に確実に役立ち、ここに深い因果があるのです。

 

人間にとっては「奇跡の薬」となったペニシリンですが、アオカビにとってみれば、細菌から身を守るために分泌する物質です。のちに、こうした薬は「生物に対して抵抗する」という意味から、「抗生物質(antibiotics)」と名づけられたのです。

 

ペニシリンの発見は、医学の歴史において極めて重要な転換点になりました。必然的に、「自然界には他にも人間に役立つ抗生物質が存在するはずだ」という発想に行き着くからです。抗生物質の探索は次々と進められていき、結果多くの感染症の治療薬が生まれていったのです。

 

土の中の生物を研究していたアメリカの微生物学者セルマン・ワクスマンは、放線菌という細菌がつくる抗生物質、ストレプトマイシンを発見し、1952年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。ストレプトマイシンの発見もまた、医学史上、極めて重要な功績です。

 

当時もっとも多くの人命を奪っていた病原菌の一つ、結核菌に劇的に効果を示したからです。この薬は、結核の治療薬として今に至るまで使われ続けています。

 

抗生物質の開発によって、感染症での死者は劇的に減っていきました。平均寿命は急激に伸び、人類の歴史に大きな変化をもたらしました。多くの国で長らく死因の第一位であった感染症が、他の病気に取って代わられたのです。

 

その一方で、奇跡の薬ともてはやされ、安易に使われ続けた結果、耐性菌が次々に生まれました。抗生物質の効かない細菌が現れ、それを殺すための抗生物質が開発され、再びその耐性菌が生まれる、という「いたちごっこ」が続いているのです。

 

現在、どんな抗生物質も効かない「多剤耐性菌」は世界的な問題になっています。

それはいつしか私たちは、感染症になす術のなかった昔に逆戻りするかもしれないことを暗示しているのかもしれません・・・

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍